かりんのMeow(仮)

karinmeow.exblog.jp ブログトップ

相方さんは悪臭検知機

依頼されていた野良猫ちゃんたちの写真の現像作業の真っ最中、相方さんがポツリ。

「なんかニャンコ先生、臭い。」
「なんともいえない獣臭さというか・・・なんだこの臭い?この前まで匂わなかったけど。」
b0201407_11242924.jpg


毎日、一緒にいるから私にはわからないんだろうかと、頭のてっぺんから、お尻も含めて尻尾の先まで鼻をくっつけて嗅いでみたけど私にはまったくわからず・・・汗

考えてみれば、保護した時、野良時代の汚れをシャンプーで洗い落とそうと試みたものの、保護した当時にお世話になってた病院では、先生や看護師さん、トリマーさんにもシャーシャー威嚇し続けていたかりん。保護したばかりだし、ノミダニ駆除はしてるしと理由をつけて、とりあえず無理強いすることはやめてた我が家。


かりんは我が家にまだ慣れない頃は、トイレの中で良く寝ていました。
それでも、体を拭くだけで、臭いなんてことはなかったのでシャンプーなんて言葉、どっかに飛んでましたが・・・

嘔吐もなく落ち着いてるし、ここらで一回、シャンプーをしとくかと病院にお願いしてシャンプーしていただきました。

すったもんだの大騒動で、病院に迷惑かけるかも?という予想に反して、我慢してシャンプーに耐えてくれました。

シャンプーするついでに肛門腺も見てもらいました。
お尻を床にこすりつけたり、お尻のなめなめ行為が過剰ってこともなかったのですが・・・
結果、肛門腺が少しだけたまっていた様子で、肛門絞りをしてもらいました。匂いは見事に消えたと相方さんは言ってます。
私にはまったく違いがわからないんですけど・・・・
シャンプーのいい香りがするねー!ぐらい??
b0201407_11245264.jpg


肛門腺って、少したまっただけで、そんなに匂うのでしょうか・・・汗

まぁ、相方さんの自前の悪臭検知機のおかげで、肛門腺がパンパンにたまらないうちに早めに肛門絞りできるみたいだし、それはそれでいいかな。
[PR]
# by brise-douce | 2010-11-02 11:34 | かりんの家猫生活

遊びは別なの!

今週、遠く離れた小島に出張していた相方さんが帰宅。
どう出る!?かりん!!と思って見ていたら、相方さんの事はしっかり憶えていました。
びくつきながらもシャーもなく、タワーに逃げ込むのでもなく、出張出発前と変わらない反応。

触られるのは相変わらず断固拒否だけど、遊びはやっぱりノリノリ。
最近は眠っていても、相方さんや私がおもちゃをしまっている場所でごそごそやってると、いつのまにか背後にちょこんと座り、ウズウズしながら遊んでくれるのを待ってる感じです。

ひとり遊びよりも、一緒に遊んでもらえるほうが好きみたいです。
b0201407_11284231.jpg
b0201407_11285029.jpg
b0201407_11285914.jpg
b0201407_1129697.jpg
b0201407_11291539.jpg

相方さんがいると、時々、おやつを貰えるので(心の中で、私はおやつ係は相方さんと決めてたりします。)それもちょっと、嬉しいみたいです。食べたらスタコラサッサーだけど。(苦笑)


食べることも大好きだけど、遊ぶのも大好きなかりん。
ごはんが終わると、おもちゃ箱を見ながら、決まって遊びたい光線を放っていますが最近、私はあまり構ってあげられていないかも・・・汗

以前、住んでた関東の知人の方の、そのまた知人の方から、かりんの出身である河川敷の猫たちのホームページを作って、いずれは里親探しを積極的にやっていきたいので写真を提供してほしいという依頼があったんです。
私も残っている子たちのことは、今でも気になってるので、あの子たちのためになるならとお引き受けしました。

んが・・・汗
二年の間に撮りためていた猫写真、おまけに猫以外にも風景なんかの写真も多量に保存してあるので河川敷の猫ちゃんたちの写真を探すだけで一苦労・・・・
b0201407_11292228.jpg
b0201407_11293088.jpg

こんなことなら、ちゃんとデータはジャンル別に保存しておけばよかった・・・と、後悔しても後の祭り状態です。
このあとさらに、写真選びに現像作業・・・
RAWなんかで撮るんじゃなかったかも??

ごめん、かりん。
今月中には終わらせるから~~~~。(泣)
[PR]
# by brise-douce | 2010-10-22 12:00 | かりんの家猫生活

本日も異常なし

b0201407_13213994.jpg

暇があればダンボールタワーにのぼっては外を見ているかりん。
いつも真剣です。ガン見です。
子供の泣き声や、パトカーや救急車のサイレンが鳴りはじめたら、特に忙しそう。
タワーに行って高いところから外を確認すると、隣室の窓際においてあるカラーボックスに昇って、また確認。この往復を10分ほど続けます。
ダンボールタワーに何度も昇り降りするするだけで、結構、いい運動になってるかもしれません。

一日に何回、昇り降りしてるだろう・・・
b0201407_13214917.jpg

b0201407_13215745.jpg

でも、遊ぶのも大好き。遊びもまた、いつも真剣。
b0201407_1322694.jpg

[PR]
# by brise-douce | 2010-10-13 13:37 | かりんの家猫生活

欲求不満??

b0201407_11464442.jpg

最近、かりんは突然、自分の尻尾を追っかけはじめることが・・・
長くは続かないけれど、条件反射?遊びたいのかな??欲求不満???と答えは出ないまま。

最低、一日二回、各30分、徹底的に遊び相手になってましたが、尻尾を追いかける、そんな時は時間があれば短時間でも一緒に遊ぶようにしています。
b0201407_11534588.jpg

時々、こうやって窓際にやってきては外の空気を体いっぱいに受けとめようとするかりん。
b0201407_11535587.jpg

外を自由に遊んでた子に家の中だけというのは少々、酷かもしれないけど・・・
いくら考えても、こればっかりは譲れない。
かりん、少しずつでいいので、お家生活に慣れてください。

時々、お股を大胆に開いて寝てるところを見てると、ストレスがたまってるようにも見えないんだけど。(苦笑)

そういえば、昨夜、出張中の相方さんからメールが届きました。
「かりんはどうですか?そろそろ(自分のことを)忘れちゃっていますか?」
少し、やはり気になるらしい。

さぁ、どうでしょう。
遊んでくれる人。おやつくれる人。このおっちゃんが作るごはんは、おばちゃんより豪華!と、いいとこだけ憶えていてほしいけど、そう上手くはいかないかな。
いっそのこと、相方さんに怒られて怖かった思い出も含めて何もかも、すべて忘れ去ってしまってもらって、一から、「過保護で甘いおとん。」という位置づけで再スタートしてもらったほうがいいかもと思ってしまいます。

でも、かりんはしっかり、相方さんが残していった相方さんの汗つきタオルを敷いたベッドの上で、夜はお休みです。

・・・・かりん、それ、オヤジ臭くないのか??
[PR]
# by brise-douce | 2010-10-11 12:05 | かりんの家猫生活

まだまだ、ネコかぶり?

b0201407_1115880.jpg

2年の野良生活を終え、我が家にやってきて二ヶ月。

家に入れば爪とぎもそこら中でするだろうし、いたずらもするだろうし、あっちこっちに登ってすごいんだろうなぁと予想してた私たち。

でも愛想がないことを除けば、予想よりもはるかにいい子ちゃんだったかりん。
爪とぎは壁や柱ではしない。ふすまはバリバリか?と思ってたけど、ふすまにも関心ないらしい。
ゴミ箱あさりもしない。カーテンにものぼらない。引っ掛かりの良い網戸には一度、爪を立てようとしたけど、叱ったら、それ以降、手を伸ばすこともなくなりました。
かりんの爪とぎ場は、ゲージの前に敷いてある、一畳ほどの使い古したカーペット。
まあ、立って爪とぎするより、座ってするほうが好きなだけなんだろうけど。

でも、一番びっくりしたのは教えたわけでもないのに、人間の食卓には絶対のぼってこないこと。私たちが食事をしていても、いなくても、苦手な相方さんがいようといまいと、それは変わらない。
テレビ台や食卓よりも高いパソコンテーブルにはよく飛び乗ってくるのに。
相方さんも、えらくこれには感動。

「これで、もうちょっと愛想がよければ完璧なのに。」というのが相方さんの口癖。(笑)

保護活動に熱心だったある方は「この子は性格悪いから、絶対、里親なんてみつからない。」って言ってたっけ。
b0201407_1115174.jpg


まだ、ネコかぶってるだけという可能性も十分あり得るけど。(爆)
[PR]
# by brise-douce | 2010-10-08 11:52 | かりんの家猫生活

間に合わせのキャットタワー

b0201407_12344974.jpg

かりんがよく過ごすダンボールタワー。
既成品のキャットタワーなんかも見てみましたが、かりんが気に入るかどうかわからないし、引越し直後でダンボールは多量にあったので、とりあえずそれを使って、相方さんがちょちょいのちょいと製作。
見た目はガムテープ丸出し、フリーハンドで切りぬいた明かりとりの窓や入口という感じでアバウトというか、貧乏臭さが際立っていますが、ダンボール自体は60Kg近い荷物も入れて持ち運びできる、しっかりしたものなのでかなり頑丈。
b0201407_12233156.jpg

上から

4階・パトロール兼避難部屋
3階・パトロール兼ねんねこ部屋
2階・通り道
1階・メイン玄関、
地下1階のこもり部屋

という想定と相方さんは言ってます。

外見だけでもかわいくお色直しをしてあげようと思っているものの、私にセンスがなくまだ製作途中。

b0201407_1235661.jpg

メイン玄関から中を覗くとこんな感じ。(各階に通り道をつけてるので、中から一気に昇り降りができるようになってます。1枚目の写真でかりんが出てきてるのはお勝手口。)

かりんがいるとこんな感じ。
b0201407_12351623.jpg

いろんな意味で危険を感じると、4階ではなくこの2階に避難。
といっても、ここだと私は容易に手を伸ばして捕まえられるのだけど、かりんが安全な場所と信じてるので、ここに入った時はそっとしておくようにしてます。
b0201407_12352484.jpg

一番上のパトロール部屋が、高さ的にも私は手も足も出ない部屋。本来はここが一番安全だと思うんですけどねぇ・・・

ちなみにダンボールの横にあるケージは、今やトイレ部屋。(苦笑)
b0201407_12353135.jpg


まぁ、かりんは気に入ってるようで、よく昇り降りしては窓越しに外を見ながらパトロールしたり、昼寝をしたりしてます。間に合わせと思っていたけど壊れるまで使おうかな。

ただ、夜中にごそごそやってると、結構、ガサガサーっと音が凄いのが欠点かも。
[PR]
# by brise-douce | 2010-10-06 13:19 | かりんの家猫生活

遊びたいの!!

朝の忙しい時間、かりん、おもちゃ箱をガン見。
b0201407_1341361.jpg


おもちゃは二重に隠してあるし、とれないでしょうと笑っていたら・・・
b0201407_13414376.jpg


ムキになってあさり始め・・・
b0201407_13415198.jpg


見事におもちゃを咥えて取り出してしまった。
b0201407_13421527.jpg
b0201407_13422259.jpg


本来はひもの付いた猫じゃらし。かりんが噛みちぎって紐はなくなってしまったけど、ファーのボンボンがお気に入りで今でも一人で追っかけっこしては遊んでいます。
b0201407_134229100.jpg
b0201407_13423752.jpg
b0201407_13424460.jpg

かりんが反応する猫じゃらしは、このファーのボンボンがついたものだけ。他の猫じゃらしは見向きもせず。
壊れるたびに買っているけど、今までいくつ買ったかな?


とにかく、遊ぶことが大好きなかりん。
朝晩30分ぐらいずつ、とにかく徹底的に一緒に遊んでるけど、それで満足できてるかなぁと思ったりします。

あ、かりん、昨日、再び吐きました。
やはり吐いた後は、ケロッとしているし、先日の詳しい検査で異常はないことがわかっているので、以前よりもどっしり構えられてます。
これからは、ゲロ掃除の達人を目指そうかと思う今日この頃です。(苦笑)
[PR]
# by brise-douce | 2010-10-05 14:03 | かりんの家猫生活

カメのあゆみ

b0201407_1235956.jpg

かりんの入院騒ぎで少しだけ、相方さんが変わった・・・ような気がします。
今までは、怖がるかりんにドンドン向かって行った相方さん。
今は少し、かりんの気持ちも考えて一歩、引くように。無理強いせず。

ひどい時期は、「シャーシャー威嚇するだけでなく、相方さんの姿が見えると一目散にダンボールタワーの隠れ家に逃げ込んでいたかりん。
今は、後ずさりするか、そそそっと小走り程度。(我が家にとっては大きな違いです・・・汗)
そして、昨日は私がゴミ出しで部屋からいなくなっても、かりんは相方さんと同じリビングにいることができました。今までは私が家から出ると、やっぱりダンボールタワーにこもって出てこなかったのに。

少しずつ、距離は縮まってきてるのかもしれない。(と、思いたい。)
相変わらず、撫で撫では、かりんの視界からはずれたところから手を伸ばした時だけ、なんとかできるかも?(ただし、成功率は非常に低い。)という感じですが、真正面や、相方さんがいかにも撫でてくるぞ!とわかる時は、いやがって逃げてしまうけど。

相方さんは少し寂しいというか、つまらなそうだけど、やつの性格を考えたら仕方ないかな。と自分に言い聞かせてる様子。

まだまだ、相方さんのことは怖がってるかりん。
ただ、遊びだけは、反応して大騒ぎです。あ、ごはんもか。
駆けずりまわったり、ぴょんぴょんジャンプしたり。(写真がないのは、私が上手い事、撮れなかったから・・・苦笑)
b0201407_1252531.jpg

b0201407_12504485.jpg
b0201407_12505213.jpg
b0201407_1251010.jpg
b0201407_1251991.jpg
b0201407_12511743.jpg


カメのようなあゆみでも少しずつ、少しずつ。
かりんが相方さんのことを大好きになってくれますように。
b0201407_1302742.jpg


でも、今日から相方さん、二週間の出張。
相方さんが時々、準備してくれるスペシャルにゃんこメニューもお預けです。
出発前に、遊びたそうに自分でおもちゃ箱からボンボンを引っ張りだしてたかりんを見て、「少しだけ」と遊び相手になりながら、「こいつ、二週間いないと俺のこと忘れるかな?帰ってきたら、ふりだしに戻ってそうな気がすごくする。また、シャーシャー言われるかな。」と呟いてた相方さん。

うーーーーーーーーーーーん。

効果があるかどうかはわからないけど、昨日、相方さんが使ってた汗ふきタオルを洗濯せずに、かりんのベッドに敷いてしまった・・・。

・・・・かりんがちゃんと、相方さんのことを憶えてくれてますように。
[PR]
# by brise-douce | 2010-10-04 13:16 | かりんの家猫生活

いざ、爪切り!!

臆病でビビリ、そして得意技は猫パンチつきのシャーシャー。
我が家にやってきてからというもの、爪切りは病院にお任せしてました。
b0201407_15155078.jpg


相方さんにも懐いていれば、二人で爪切りも可能かなと思うのですが、まだまだ相方さんにはびくついているかりん。こんな状態で相方さんに手助けを頼むと、ますます相方さん嫌いを助長させるおそれが高いため、病院にお願いしてました。

家にやってきた頃から、少しでも慣れさせようと体を撫でるついでに肉球に触れるようにしたり、爪切り鋏をかがせたり、手足に触れさせてみたりしているものの、なかなかどうして。手足を触ると猫パンチ。シャーシャー。
寝こみを襲おうと狙ってもすぐに目を覚ましてしまう・・・そんな光景に、相方さんは「せっかく気持ちよく寝てるのに可哀そうやろ。」とぶつぶつ。
・・・すみませんねぇ。
でも、諦めるわけにはいかないと、常に爪切り鋏をジーンズのポケットに携帯してチャンスを伺う毎日。しかし、一向にそのチャンスはおとずれず、爪切り鋏は出番がないままジーンズの染料でうっすらと青く染まっていくばかり。


そして、再び伸びてきた爪。先日の入院で病院にお願いしていればよかったのに、頭の中はそれどころじゃなかった私はお願いするのを忘れてしまってました。なら、また病院にと思ったものの、以前にも増して、かりんはキャリーをいやがるようになり・・・・日頃からキャリーを出して遊んだり、食事をさせたりしているけど、それでも私から発せられる「病院」という気配は感じるらしい。
こちらも、この前、入院でストレスをかけさせたばかりだし、また連れて行くのも少し可哀そう。でも、(これは人間の都合ですが)賃貸住まいの我が家にとって爪切りは必須。
それではと、以前から気になってた方法を試してみることに。

その方法はClipnosis
今まで、ほんとにこんなのを挟んで大丈夫なのか?と思い、しり込みしてましたが、とりあえず実践してみることに。

まずは、この洗濯バサミで。
b0201407_1555690.jpg

かりん、ものともせずに洗濯バサミをつけたまま、トットコト~と歩きだす。
・・・全然、きかない。
効果がある子とない子がいるとは書いてあったけど・・・

それとも、洗濯バサミの形状というか、挟む面積が狭い事がいけないのか?と思い、ダブルクリップを背後から体を撫でながら、恐る恐るはめてみると、鳴き声もあげずにおとなしくごろん。
b0201407_1511371.jpg

爪を切りだすと、やはり顔はいやがってましたが、比較的おとなしくしていてくれたかりん。爪切り初心者の私でも、わりとあっさりできました。
でも、あまり無理せずに今回は前足だけで終了。
終わった後は、何事もなかったようにかりんも私のそばでゴロゴロしていてくれて、正直、ホッとしました。

これは使えるかも??
[PR]
# by brise-douce | 2010-09-30 15:28 | かりんの家猫生活

かりん退院

大事をとって一日、退院を延期し23日にかりんは我が家に帰宅。

検査の結果は血液検査上でも(データもいただきました。)内視鏡やエコーでも特に問題ないということでした。画像も実際に見させていただきましたが、きれいなものでした。
入院中はあまり、食事をとらなかったということでしたが、帰宅するなり「はよ、ごはん食わさんかいっ!!」攻撃。
様子を見ながらウエットフードをあげてみると、美味しそうにペロリ。
そして、その後は忙しそうに、日課のパトロールに勤しんだのでした。

b0201407_1346297.jpg


結論としては私と相方さん、揃いもそろっておばかで猫飼い初心者の二人は病的でもない嘔吐に必要以上に心配し、結果、かりんにいらぬ負担をかけさせてしまったということでしょうか・・・
でも、ずいぶん丁寧に健康診断できましたけど・・・汗。
あと、相方さんのかりんへの芽生えはじめた愛着は、今回の検査入院で少しだけ感じられました。

かと言って、すぐに相方さんに懐かないだろうし、またシャーシャーと言われ続けたり、逃げ続けられると「もう、知らんっ!!」って後戻りする可能性も高いけど。(苦笑)

でも、ホントにごめん、かりん・・・
b0201407_13544275.jpg

[PR]
# by brise-douce | 2010-09-29 13:18 | かりんの家猫生活

かりんのいない夜

かりんを検査入院したことは、相方さんは帰宅するまで知りませんでした。
帰宅するなり、まっすぐかりんがよくいるダンボールタワーを覗きこんでいましたが、私が検査入院したことを伝えると、「えっ!?入院したん??どおりで静かやなと思った。でも、この際だからしっかり診ておいて貰ったほうがこっちも安心できるかな。」と少し安堵の表情。

正直、かりんが不在という事で「今日は静かな夜だー。ゆっくりできるー。シャーシャーも言われないー。」と相方さんは別の意味でホッとするのかなと思っていた私。

でも、その予想はいい意味で外れてました。

ひと通り、病院での話をして、かりんばかりの話をするのも相方さんとしては嫌だろうと思い、全く関係のない話を私がしていても、その話が終わると、

「やつがいないと、こんなにひっそりしてるのか・・・この部屋、こんなに広かったけ?」
「いつもは食事してると、テーブルの下から覗いてくるのに・・・」
「今頃、怖くて固まってるかも・・・」
「なんだかんだ言ってても、もう家族なんやなぁ」と自分からかりんの話題を出してくる状態。

検査入院したかりんのことは心配でしたが、相方さんの気持ちの変化が少し感じれたことでほっとした夜でした。
b0201407_13401262.jpg


そして翌日、「かりんちゃんにもし、何かあったらメールして。」と言い残し、会社に出勤して行ったのでした。

・・・・ホントに何かあったけど。(汗)
かりん、検査後の夜から40℃ちょっとの熱が出て、退院延期・・・・
[PR]
# by brise-douce | 2010-09-28 15:39 | かりんの家猫生活

再び、嘔吐。

前回の嘔吐の記憶も薄れてきた9月8日、再び、嘔吐。
食事は前回の嘔吐から、きっちり計るようにし、かりんに適した一日の摂取量を超えないように、三食にして渡してました。
この日は、食事の後、暑かったのか、普段よりもよく水をよく飲んでいたのでそれでかな?と様子を見ることに。

そして、9月16日、17日と続けて嘔吐。
このころ、すでに「やつのことはもう知らん!」と、かりんのことをほとんど無視していた相方さんも「なんでこんなに嘔吐するんや??」と心配顔。
とりあえず、カリカリをやめて消化の良いウエットフードのみをあげて様子をみてましたが、食後、嘔吐まで至らなくても、たまにえづくような仕草が・・・・

猫の嘔吐は珍しくないと本に書いてあっても、一体、どの程度が問題なのかもよくわからない私たち。
夫婦二人で相談した結果、とにかく一度、病院でしっかり調べてもらうことに。(今度また吐いたら検査と獣医さんもおっしゃってたので。)

そして、9月21日、動物にどんな消化器系統の検査をするのかよくわからなかったものの、人間がよく受ける検査に準じて、念のため、かりんには朝食を与えないまま病院へ。

獣医さんいわく、「かりんちゃん、やはり外見上では特に問題ないと思います。嘔吐も一日何回もと言う訳ではないですから。だからといって、検査したわけではないので、絶対、何もないとは言えませんけど。心配なら、検査することもできますが、もちろん、今の様子だったら、このまま様子をみていただいてもよいと思いますよ。」ということでしたが、迷いに迷って私は検査をお願いし、かりんを検査入院させたのでした・・・
[PR]
# by brise-douce | 2010-09-28 15:10 | かりんの家猫生活

嘔吐騒ぎ

かりんが家にやってきて二週間がたったころ、夕食後、突然嘔吐。
猫の嘔吐は珍しくないということは本を読んで知ってはいました。かりん自身は自分の口から出てきた物体にビックリし、茫然とする私たちを見て怒られると思ったのかビクビク。でも、その後は何事もなかったかのようにケロッとしてましたが、私と相方さんは初めて見た光景に大慌て。
「どうしたんやっ!大丈夫か?」と相方さんビックリ。
「猫の嘔吐は珍しくないみたいだから、ちょっと様子をみよう」と私も言いつつ、掃除しながらオロオロ。
かりんはそんな二人を、遠くから小さくなって見詰めていました。

そして、数日後、再び夕食後、嘔吐。

やはり、嘔吐後はケロッとしてましたが、猫初心者の我が家は不安で、とりあえずかりんを病院で診てもらう事にしました。

引っ越し前に新居の近所の動物病院を調べて何軒かピックアップしてたので、片っぱしから電話して簡単な質問をしてみて電話の応対が一番、良かった病院に行くことに。

診断結果は、「たぶん食べすぎです。でも、もし、今度、嘔吐したら検査したほうがいいかもしれない。」と獣医さんから言われたのでした。
[PR]
# by brise-douce | 2010-09-28 14:43 | かりんの家猫生活

こわこわ相方さん

引越しもなんとか無事に終わり、かりんの家猫生活が8月1日から本格的にスタートしました。
元野良猫のかりん。
まずはケージ中心の生活をスタート。
生活していく中で、はじめてのもの、音におっかなびっくり。掃除機や換気扇の音がしはじめると、ケージとトイレの隙間に入り込んでしばらく出てこなかったり。
ワンコのぬいぐるみに、激しく動揺して威嚇しまくったり・・・

それでも少しずつ、段階を踏んでリード付きでフリー、目が届く時のみリードなしでフリーと行動範囲を広げていきました。ビビりながらも、リビング、リビング続きの和室の部屋を巡回して自分の匂いをくっつけ回っていました。

夜間だけはなかなかフリーにできませんでしたが、家にやってきて二週間ぐらいがたったころ思いきって、フリーに。
なかなか寝付く様子もなくウロウロ・・・そのうちにどったんばったん。テレビの裏に入り込み、バリケードをしていたキッチンにも、なんなくジャンプして入り込み運動会。

            かりんに突破されたため、さらにバリケードを継ぎ足し。
              使ったものはダンボール、突っ張り棒、強力磁石など。


b0201407_13271958.jpg

猫は夜行性とわかってはいても、とうとう相方さんの堪忍袋の緒が切れてしまい、相方さん、かりんに一喝。それも、雄猫の真似しながら。

それまでもまだ相方さんにはビクビクモードだったかりん。この一件でかりんは、相方さんが大の苦手になってしまい、とにかく相方さんの姿が見えると、走って逃げるように。(汗)

引っ越して数日たったころ、真夜中の強い風の音に落ち着きなくケージで過ごしていたかりんに気づき、「風が怖いんか?おっちゃんがそばにいるから大丈夫や」と声をかけながら、自らケージに寄りそうように朝まで添い寝していた相方さん。(私は気づかず爆睡してました・・・汗)

これ、食べるかなー、遊ぶかなーとおやつやフード、おもちゃをよく選んでた相方さん。

かりんはよく、河川敷で木登りをしていたと私から聞くと、引越しで使っていたダンボールを組んで天井まで届きそうなダンボールタワーを作ってくれた相方さん。

                   余ったダンボールで作ったタワー。ちなみに五階建て。
                       まだ製作途中・・・

b0201407_13285538.jpg



ああ、それなのに。
あの一喝で、すっかりかりんは相方さんを怖がるようになってしまいました。
逃げるだけでなく、少しでも近付けばシャーシャー威嚇するように・・・

相方さんも相方さんで、なかなか懐く様子もなく、威嚇ばかりしてくるかりんにとうとう、「もう、やつのことは知らんっ!もう一か月もたつのに!!」「そんなにおっちゃんが嫌いなら、河川敷にもどしてやる!!」と大激怒。
「まだ、一か月だよっ。私だって、かりんがそばにやってくるまでは半年はかかったよ。まともに触れるようになったのはホントに最近だし。もともとビビりだから、簡単には無理。」と言っても、聞く耳もたないという感じです。

いくら言っても相方さんの怒りは収まりきらず、私もどうしたものかと悩み続けていましたがネットで他にも同じ状況の家庭があることを知り、こちらからしつこく言っても、今は悪循環かもと思い直し、気にはなるものの、しばらくかりんと相方さんの関係は放っておくことに。

相方さん自身は、もう知らないとは言いつつ、かりんのフードなんかは相変わらず自分でも買ってきたりもしてたけど。(苦笑)
それ以外は、まるで、かりんの姿は見えていないかのように、ほとんど無視の状態が続いたのでした。
[PR]
# by brise-douce | 2010-09-28 13:30 | かりんの家猫生活

ワンコの毛だらけ逃亡未遂

移動二日目。
その日の夕方に九州までの道のりはなんとか終えました。

ただ、家財道具などはまだ届いておらず、新居の鍵もまだもらえていなかったため、かりんは一泊だけトリミング施設併設のペットホテルに預けることにしてました。

そして、翌日、蒸し暑い部屋の中で荷物の搬入をすませ、夕方、やっとエアコンを取り付けてもらってから、かりんをホテルまで迎えに行きました。
しかし、受付で待てども待てども、なかなか出てこない・・・
ガラス越しに、かりんがいると思われる奥のほうを見てみると、何人かのスタッフさんが一点をみつめて棒立ち状態。そのうちに、一人の方がごっつい黒い手袋をはめ始めてました。
あー、苦戦してるみたいだなぁ。大丈夫かな?と思ってると、突然、スタッフの皆さんは隣のトリミングルームに走っていきました。

なんか、いやな予感がするなぁと待ってると、困ったように一人のスタッフさんが出てきました。
キャリーに入れようとしたらシャーシャー怒って、猫パンチの応酬。そのままスルリと逃げ出して、トリミングルームの流し台の下の配管の隙間に逃げ込んで出てこなくなり、お手上げ状態だと・・・(汗)
「申し訳ありません。」と謝り続けるスタッフさんを気の毒に思いつつ、
「やってくれました。かりんさん。」
心の中で、思わず呟いてしまいました。

トリミングの真っ最中だったセレブ犬っぽいワンコにも謝りながら、流し台の下に顔をいれ、かりんに出てくるように声をかけるものの、不安の絶頂のかりんはシャーシャー言って、ますます奥へ。
「かりんちゃーん。お家に帰るだけだよー。大丈夫だからー。」
猫撫で声で何度言っても、シャー!シャー!シャー!
スタッフさん総出の「かりんちゃん。ママが迎えに来てくれたよ。もう安心だね~。」の励ましに、
「いえ、保護したばかり子で私にもまだ警戒してたりするんです。私も捕まえる自信ないかも・・・どうしましょう。」とは言えず・・・(爆汗)

考えても仕方ないと奮起し、ワンコの毛だらけになった床を這いつくばって、流し台の下に体を入れ、暴れて威嚇しまくるかりんと悪戦苦闘の末、むんずと無理やり引っ捕まえてやっと捕獲。
私も全身ワンコの毛だらけになりながら、無事になんとかキャリーへ。

スタッフの皆さんも私も、お互いに平謝りを繰り返したのち、何事もなかったかのようにキャリーの中で過ごすかりんを連れて新居に帰ったのでした。

ああ、もうあそこのペットホテル、行けないかも・・・(苦笑)


b0201407_14575511.jpg

[PR]
# by brise-douce | 2010-09-21 14:31
line

元野良猫、かりんの家猫生活。はたして、かりんは相方さんと仲良くなれるのか?それが一番の心配ごと。(汗)


by brise-douce
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30